2020年8月26日オンエアー

 

        またまた改定火災保険 

 

 

台風シーズンがやってきました。温暖化の影響なのか岩手でも台風が直接上陸する時代になっています。そして保険業界ではこの5年ぐらい毎年甚大な被害が続き、昨年10月1日に改定したばかりなのに2021年1月1日に早くも改定が決定しています。そこで見直しするなら今でしょ!!」ということで火災保険の見直しポイントをお伝えします。

 

 

まず、掛金に大きく影響するのは補償の範囲、とりわけ水災リスクを含むかどうかです。台風で風の損害は風災になり、殆どの場合基本契約に含まれますが、水害や土砂崩れは水災補償をつけておかないとお支払い対象にならないので注意が必要です。今度の改定は水災補償の値上がり率が高いので水災補償を検討される方は今のうちにご相談ください。

 

 

次に何年間つけるかで掛金が違います。住宅ですと最長10年、企業物件は最長5年になります。当然長期一括払いにした方が掛金は割安になりますし、近年これだけ改定が続き値上げになる事を考慮すると今のうちに長く入っておくのが得策です。

 

 

例えば住宅で仮に1年間だけつけて掛金が1万円だとすると10年間かけ続けると総額10万円になりますが、10年分一括払いだと8万5千円になり10年間で1万5千円もお得です。5年にしても5万円が4万4千円になり、6千円お得です。実際には建物の再建価格でつけますので、10年間でだいぶ違ってきます。台風の備えとしても、また今後10年間の事を考えると早めの補償内容見直しをお薦めします。そして家財一式や地震保険などについても合わせてご検討下さい。

 

 

もちろん、既に加入している保険で十分な場合もありますので、我が家の火災保険はどういうものか点検を兼ねて見直ししてみる良い機会だと思います。もし付け直しする必要がある場合は今の保険を解約して解約返戻金を受け取るケースもありますので、まずはご相談ください。

 

 

コロナ感染に注意しながらも、岩手県内の施設をどんどん利用し支援しましょう(!(^^)!)。

 

 

 

 国道4号線前沢イオン南交差点で新店舗営業中です

 

 

    生保も損保も、保険の見直し

             ご相談お待ちしております。

 

 

 

お問い合わせはコチラまで♪

http://nasa-planning.com/